So-net無料ブログ作成

ウィーン国立歌劇場「フィガロの結婚」 スザンナ役変更のお知らせ~☆ [Opera]

ウィーン国立歌劇場「フィガロの結婚」 スザンナ役変更のお知らせが、upされてます~☆

ウィーン国立歌劇場日本公演「フィガロの結婚」のスザンナ役を、当初、アニタ・ハルティッヒと発表いたしましたが、ウィーン国立歌劇場側の都合により、10月20日、23日の2公演にシルヴィア・シュヴァルツが、10月28日の公演にアニタ・ハルティッヒが出演することになりました。なにとぞご了承ください。


「フィガロの結婚」スザンナ:
◎シルヴィア・シュヴァルツ  10月20日(土)3:00p.m.、10月23日(火)5:00p.m.
◎アニタ・ハルティッヒ  10月28日(日)3:00p.m


シルヴィア・シュヴァルツ

スペイン人の両親のもと、ロンドンで生まれた。声楽はマドリードの音楽学校で学び、その後ベルリンのハンス・アイスラー音楽大学に学び、卒業後ミラノ・スカラ座で『ドン・ジョヴァンニ』のツェルリーナでデビューした。
 2005年にベルリン国立歌劇場のメンバーとなり、同劇場で『フィガロの結婚』のスザンナ、『魔笛』のパミーナ、『ドン・ジョヴァンニ』のツェルリーナ、『ばらの騎士』のソフィー、『ファルスタッフ』のナンネッタ、『仮面舞踏会』のオスカルなどを歌って評価を高め、ミュンヘン、ボリショイ、フィレンツェ、パリほかへと活躍の場を広げた。2007年の同歌劇場日本公演でも、『ドン・ジョヴァンニ』のツェルリーナを演じ、好評を得た。
 2010/11年シーズンよりウィーン国立歌劇場のメンバー。これまでに『フィガロの結婚』のスザンナ、『ファルスタッフ』のナンネッタ、『ドン・ジョヴァンニ』のツェルリーナなどを歌っている。2012/13年シーズンには、『ドン・ジョヴァンニ』のツェルリーナ、『愛の妙薬』のアディーナ、『ばらの騎士』のゾフィー、『魔笛』のパミーナでの出演が予定されている。

くわしくはこちら
http://www.nbs.or.jp/blog/contents/2012/09/post-7.html

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

職歴書

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
by 職歴書 (2012-10-24 20:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。